【インプレ'04】河村康彦 三菱『ランエボVlll MR』速さよりも乗り心地の進化に注目だ

試乗記 国産車
【インプレ'04】河村康彦 三菱『ランエボVlll MR』速さよりも乗り心地の進化に注目だ
  • 【インプレ'04】河村康彦 三菱『ランエボVlll MR』速さよりも乗り心地の進化に注目だ
空力性能の改善と軽量化の推進でさらなる進化を目指した“エボMR”は確かに速い。が、正直なところ“VIII”からの違いを実感できる割合は、速さよりもビルシュタインダンパー新採用による低速域での乗り心地向上のほうが大きい印象だった。

欧州で近々デビューの3ドア・コルトをベースとしたモデルが次期WRカーになるというのが最近の専らのウワサ。となると、ランエボの進化もいよいよこれが最終形か?

それにしてももはやこんな“特殊車両”を会社の顔にしなければならない点に、昨今の三菱の厳しい状況を感じる。ガンバレ三菱!

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……
《河村康彦》

特集