阪神高速が高額ハイカ交換等の受付場所を拡大

自動車 社会 社会

高額ハイウェイカードの使用が2月末で停止するのに伴い、既存カードは低額カードとの交や、ETC前払い割引への組み込みができる。阪神高速道路公団でこの作業の受付箇所が拡大される。

2月1日〜3月31日までの2カ月間、朝橋PA(2F)、泉大津PA(3F)、京橋PA(1F)でも受付業務を行う。

今までは阪神高速道路公団の各管理部、営業所、インフォメーション四ツ橋で「残額1万円以下に分割したハイウェイカードとの交換」「ETC前払い割引に組み込み」の受付を行ってきた。

各管理部、営業所、インフォメーション四ツ橋では4月1日以降も受け付ける。泉大津営業所は4月30日まで。

管理部や営業所というのは敷居が高いというか、なじみがないので行きづらいところが多い。PAでの受付はユーザーとして多いに歓迎したいところだ。高額ハイウェイカードの交換箇所を拡大したのは日本道路公団に続くもの。
《編集部》

編集部おすすめのニュース