【インプレ'04】津々見友彦 トヨタ『アベンシス』 走りっぷりに育ちのよさを感じる

試乗記 国産車

【インプレ'04】津々見友彦 トヨタ『アベンシス』 走りっぷりに育ちのよさを感じる
  • 【インプレ'04】津々見友彦 トヨタ『アベンシス』 走りっぷりに育ちのよさを感じる
派手さはないが、落ち着いた雰囲気のクルマだ。フロントシートはサポート性が高く、しっとりとした座り心地。リヤシートは高さ方向にあまりゆとりはないが、膝まわりはたっぷりしていて居住性に不満はない。

動力性能は、0-400m加速17秒台という様子で、軽快な部類だ。ハンドリングはヨーロッパ車らしい、落ち着いたもの。おとなしい応答だが、リニアリティが高い部分で好感が持てる。

もう少しシャキッと走りたいユーザーには、17インチ仕様がおすすめだ。乗り心地に硬い感じがあるが、国内でも不満なく走れる。VSCが標準装備されていて安全性は高い。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


津々見友彦|モータージャーナリスト
第1回日本GPに出場。日産、トヨタ、いすゞの元ワークスレーシングドライバーを経て、モータージャーナリストとして活躍。カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。その他にポルシェクラブドライビングスクールの校長も務める。
《津々見友彦》

特集