ホンダ、国内生産が11カ月連続マイナス……12月実績

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ、国内生産が11カ月連続マイナス……12月実績
  • ホンダ、国内生産が11カ月連続マイナス……12月実績
ホンダが26日発表した2003年12月の生産・販売・輸出実績は、国内生産が前の年の同じ月にくらべ11.2%減の10万1591台となり、11カ月連続のマイナスになった。国内販売が2カ月連続で減少したほか、輸出も6カ月連続で前年を下回った。

12月の国内販売は、前年同月にくらべ19.8%減の6万1379台。軽自動車は新型『ライフ』の投入により同3.2%増の2万1873台と3カ月連続で増加したが、登録車は『フィット』の減少により、同28.6%減の3万9506台と9ヶ月連続のマイナスになった。

輸出は、前年水準が高かった北米向けが、反動で4割近いマイナスに。欧州、アジア向けは増加したが、全体では、前年同月にくらべ1.6%減の4万2963台と6カ月連続のマイナスになった。

海外生産は、北米、欧州、アジアで増加し、前年同月にくらべ31.9%増の13万8008台と31カ月連続で増加した。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集