【スバルWRC】ソルベルグが2ポイントを“堅守”

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【スバルWRC】ソルベルグが2ポイントを“堅守”
  • 【スバルWRC】ソルベルグが2ポイントを“堅守”
  • 【スバルWRC】ソルベルグが2ポイントを“堅守”
  • 【スバルWRC】ソルベルグが2ポイントを“堅守”
スバル・ワールドラリーチーム(SWRT)のペター・ソルベルグはレグ2終了時に総合5位。最終日レグ3・SS13を最速タイムでフィニッシュしたものの、SS14のチュリニ峠でコースオフ、左フロントのサスペンションにダメージを抱え、総合7位、2ポイントでイベントを終えた。

ソルベルグは「ブレーキを踏むのが少し遅れて壁へスライドし雪にぶつけただけなのに。リスキーなドライブをしていなかっただけに残念だ。まだ15戦もラリーが残っていることを考えれば、それほど悪い結果ではない」とコメント。

ミッコ・ヒルボネンは競技2日目、レグ2・SS9でスピンしフロントとリヤの駆動系にダメージを負い、リタイアした。

「本当にミステリー。経験を積むため堅実に走っていた。難しいコンディションの中でスリップしてコースオフしたなら理解できるけど、僕がコースオフしたのはこのラリーで一番簡単なコーナーだ。スピードは遅く2速か3速、そして完全にドライだった」とヒルボネン。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集