【インプレ'03】津々見友彦 スバル『アウトバック』 オンでもオフでもリニアな操縦性は魅力

試乗記 国産車

【インプレ'03】津々見友彦 スバル『アウトバック』 オンでもオフでもリニアな操縦性は魅力
  • 【インプレ'03】津々見友彦 スバル『アウトバック』 オンでもオフでもリニアな操縦性は魅力
レガシィシリーズはいずれもかっこいいが、アウトバックはとくにいい。樹脂製のオーバーフェンダーやガーニッシュでスポーティ感がさらに高まった。

インテリアはB4同様、デザインもいいし、質感も高い。シートのサポート性もよく、疲れにくい。

3リッターフラット6でじつにスムーズ。低回転からトルクもあり、静かなのはもちろん、心地よいサウンドが響き、快適に走れる。ほどよくバランスがとれた乗り味で不満がない。

とくに気に入ったのが、ハンドリング。リニアリティの高さは、シリーズ中で一番いい。オン、オフ両用のステーションワゴンだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


津々見友彦|モータージャーナリスト
第1回日本GPに出場。日産、トヨタ、いすゞの元ワークスレーシングドライバーを経て、モータージャーナリストとして活躍。カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。その他にポルシェクラブドライビングスクールの校長も務める。
《津々見友彦》

特集