【リコール】クライスラーも大規模、270万台

エコカー 燃費

クライスラーは13日、アメリカ市場においてディーラーに対しダッジ『デュランゴ』SUVの販売を差し止めるよう通告したが、さらに合計で270万台という大型リコールも実施。

デュランゴの場合は、スロットルコントロール・ケーブルに欠陥があり、液もれが起ってケーブルが凍り付く危険性があるため。この状態になると、スロットルが開きっぱなしとなり、事故を引き起こす可能性がある。

この対象となるのはまだ販売されていないデュランゴ2万1000台程度だが、クライスラーではさらなるリコールも発表。

こちらは95-99年クライスラー/ダッジ『ストラタス』、プリマス『ブリーズ』、96-99年クライスラー『シブリング・コンバーチブル』、93-99年クライスラー『300M』、『コンコード』、『LHS』、ダッジ『イントレピッド』などが対象で、のべ270万台。

リコールはどの自動車メーカーにも起こりうるが、クライスラーは「今後4、5年でトヨタの品質に追い付く」と豪語していただけに、消費者への影響度が懸念されている。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

  • [PR]

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集