【東京オートサロン'04続報】インテリアの質感を磨いたSTI『インプレッサ』

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京オートサロン'04続報】インテリアの質感を磨いたSTI『インプレッサ』
  • 【東京オートサロン'04続報】インテリアの質感を磨いたSTI『インプレッサ』
  • 【東京オートサロン'04続報】インテリアの質感を磨いたSTI『インプレッサ』
  • 【東京オートサロン'04続報】インテリアの質感を磨いたSTI『インプレッサ』
  • 【東京オートサロン'04続報】インテリアの質感を磨いたSTI『インプレッサ』
東京オートサロン(9−11日、幕張メッセ)には3台のSTIカスタムが出展された。シルバーに塗装された『インプレッサ produced by STI』は、多数の出品車の中に埋もれず、特別なクルマとしての存在をアピールしていた。

ベースは「WRX STi」。つまりSTi仕様をスバルテクニカインターナショナルが再度チューン&カスタムしたもの。

エクステリアは、フロントにカーボン製のアンダースポイラー、リアにはウイングスポイラーを装備、し走りのインプレッサのイメージを強めたデザインとなっている。しかし、どことなく大人しい印象をもつ。

それはインテリアを効果的に見せるための演出で、ドアトリムはカーボン製となり、シートはレカロとの共同開発で生まれたバケットシートが装着されている。素材にはアルカンターラを使用し、豪華さとエレガントさを加えた。室内は乗り手の走りへの気持ちを高めるデザインだと説明担当員は語る。

リアにもバケットタイプのシートが装備され、目指したのは四輪ドリフトではなく“4人ドリフト”とのこと。性能以上に質感の向上に力をいれたインテリアに注目していただきたい、とのこと。
《》

編集部おすすめのニュース

特集