【EVS20】米国、燃料電池実験、次のステップへ

エコカー 燃費
【EVS20】米国、燃料電池実験、次のステップへ
  • 【EVS20】米国、燃料電池実験、次のステップへ
アメリカ国内で、燃料電池実証テストを行っている、CaFCP(カリフォルニア・フューエル・セル・パートナーシップ)。

カリフォルニア州が中心となり、日米欧の自動車メーカーが協調して1999年4月に、同州サクラメント市にベース基地を開設した。初期段階の「フェイズ1」は03年に完了。来2004年から07年までは「フェイズ2」へと移行する。

具体的には、総数300台以上の燃料電池車による、ロサンゼルス、サンフランシスコ、サクラメントでの実走行テスト、水素スタンドなどインフラを強化し、燃料電池車の一般市販化をより具体的なかたちにしたい、としている。

現在CaFCPには、ダイムラークライスラー、フォード、GM、トヨタ、ホンダ、ニッサン、VW、ヒュンダイが参加している。
《桃田健史》

編集部おすすめのニュース

  • リチウムイオン電池が主流? 富士経済が報告 画像 リチウムイオン電池が主流? 富士経済が報告
  • 三菱自動車工業、燃料電池車の走行試験へ 画像 三菱自動車工業、燃料電池車の走行試験へ
  • ダイムラークライスラー、東京ガスとブリヂストンに燃料電池車を導入 画像 ダイムラークライスラー、東京ガスとブリヂストンに燃料電池車を導入
  • GMの燃料電池自動車『ハイドロジェン・ワン』がカリフォルニアに登場 画像 GMの燃料電池自動車『ハイドロジェン・ワン』がカリフォルニアに登場

特集