【東京ショー2003速報】空力デザインで400km/h!!---慶應義塾大学『エリーカ』

自動車 ニューモデル モーターショー
【東京ショー2003速報】空力デザインで400km/h!!---慶應義塾大学『エリーカ』
  • 【東京ショー2003速報】空力デザインで400km/h!!---慶應義塾大学『エリーカ』
  • 【東京ショー2003速報】空力デザインで400km/h!!---慶應義塾大学『エリーカ』
  • 【東京ショー2003速報】空力デザインで400km/h!!---慶應義塾大学『エリーカ』
慶應義塾大学電気自動車研究室が今回出展した『エリーカ』。311km/hを記録した『KAZ』(カズ)に続く第二段として目指すは、なんと400km/h。8輪を踏襲したデザインの中では、空力やパッケージングという制約との戦いがあった。

KAZはイタリアのカロッツェリア、イデアのデザインによるものだが、今回は日本のオリジナル。それを手がけたのが慶應義塾大学SFC研究員の江本聞夫氏だ。「前回は距離の問題もあり、研究室の意向を100%反映できませんでした。エリーカでは、電気自動車の普及を目指し、ハイエンドなモデルで乗用車の概念にとらわれないデザインを目指しました」

「8輪はインホイールモーター1個の出力を考えた結果、必要な数。そしてスピードを出すためには空力性能は絶対用件です。8輪もあるとかなりのスペースがスポイルされます。そこでタイヤをカバーして、空力を両立させたのがカタマラン(双胴船)という形でした。その上で抵抗の少ない水滴形状をミックスさせています。5分の1モデルでのCD値は0.17でした」と続ける。

「エンジンがないことでフロントウインドウの下端を下げることができました。メッセージとしてそこに何も無いことがわかります。リアのスポイラー兼ウインドウも、実際に必要な形状から生まれたデザインです」と江本氏。

普通の乗用高級車ではなく、モダンな「フューチャリアル」を表現したエリーカ。空力デザインは400km/hを達成できるだろうか。
《》

編集部おすすめのニュース

  • 【東京ショー2003速報】目指せ400km/h……大学が作る電動スーパーカー 画像 【東京ショー2003速報】目指せ400km/h……大学が作る電動スーパーカー
  • 【新聞ウォッチ】400km/h、慶大などが最速エコカーを開発へ 画像 【新聞ウォッチ】400km/h、慶大などが最速エコカーを開発へ
  • 東京モーターショー2021の開催、オンライン形式も含め検討…自工会 豊田会長 画像 東京モーターショー2021の開催、オンライン形式も含め検討…自工会 豊田会長
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース