【マツダ『アクセラ』発表】取り回しのよいパッケージング

自動車 ニューモデル 新型車
【マツダ『アクセラ』発表】取り回しのよいパッケージング
  • 【マツダ『アクセラ』発表】取り回しのよいパッケージング
  • 【マツダ『アクセラ』発表】取り回しのよいパッケージング
  • 【マツダ『アクセラ』発表】取り回しのよいパッケージング
『アクセラ』は2640mmというロングホイールベースながら5.2mの最小回転半径を実現し、全幅1745mmの3ナンバーではあるが同クラスの5ナンバー車と同等の取り回しのよさを確保している。

インテリアではサイドウィンドウの傾きを少なくしたことでクラス最大級の室内幅を確保し、ロングホイールベースによって後席ニールームも広くなっている。

また、後輪サスペンションのコイルスプリングを床下に配置したことによりサスペンションタワーの張り出しを減少させ、5ドア・4ドアともに左右幅の広い荷室を実現している。
《》

編集部おすすめのニュース

特集