【東京ショー2003出品車】新世代ロードスターの呼吸を感じろ…マツダ『息吹』

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京ショー2003出品車】新世代ロードスターの呼吸を感じろ…マツダ『息吹』
  • 【東京ショー2003出品車】新世代ロードスターの呼吸を感じろ…マツダ『息吹』
  • 【東京ショー2003出品車】新世代ロードスターの呼吸を感じろ…マツダ『息吹』
  • 【東京ショー2003出品車】新世代ロードスターの呼吸を感じろ…マツダ『息吹』
  • 【東京ショー2003出品車】新世代ロードスターの呼吸を感じろ…マツダ『息吹』
スポーツカー造りにおいて「操る楽しさ」にこだわり続けてきたマツダ。「ライトウェイトオープンスポーツにおける究極のファントゥドライブ」を目指したのが、マツダ『息吹』である。人馬一体の走りを具現化するレイアウトとデザインから、未来のロードスター像の息吹を感じることができる。

「ロードスターに関わるデザイナーにとって、現行型は大きく、甘口になってきているという不満がありました。必要最小限なドライブトレーンを巧妙なパッケージングで包み、コンパクトに戻すミニマルデザインこそ、新世代のロードスターに相応しいと感じたんです」と語るのはデザイン戦略スタジオの佐藤洋一主幹である。

「夢の途中、理想像を突出してシンプルにデザインしました。まずはパッケージングですが、デザイナーがうっとりするような出来です。現行型よりも400mm後方にエンジンをマウントした『スーパーフロントミッドシップレイアウト』に最小限のスキンを付ける。ウエストに現行のような抑揚がありませんが、この息吹は1つの提案です。ライトウエイトはスッピンで、シャシーオリエンテッドなものだと考えました」

「初代のテスト車もこのように石鹸箱を2分したようなオーバルフォルムでした。実はこの形状はタイヤの存在感をフォローできて、自由がきくんです。息吹も後ろが大きくなったウエッジオーバルです。インテリアでもエクステリアから連続したバックボーンフレームやオーバルのモチーフで一体感を持たせています」と続ける。

「この息吹、とっても好きなクルマです」と最後に語った佐藤主幹。走りの楽しさこそクルマの究極。マツダにとって、ロードスターは常に心の中にある。
《》

編集部おすすめのニュース

特集