【東京ショー2003出品車】スバル『R1e』の電池とスタイル……期待大

自動車 ニューモデル モーターショー
【東京ショー2003出品車】スバル『R1e』の電池とスタイル……期待大
  • 【東京ショー2003出品車】スバル『R1e』の電池とスタイル……期待大
  • 【東京ショー2003出品車】スバル『R1e』の電池とスタイル……期待大
躍動感あふれるフォルムが魅力のスバル『R1e』。軽自動車よりも短い全長で、かつ流麗なワンモーションフォルムを採用しながら、2+2の室内スペースを確保。ミニカーとしての価値を極限まで追求するコンセプトカーだ。

パワーユニットは小型軽量・高出力、高信頼性をあわせ持つブラシレス電気モーター。電池はNECと合弁で設立した電池メーカー、NLE社のマンガン・リチウムイオン電池だ。操作は普通のAT車とほぼ同じで、セレクタレバーはP-R-N-D-Bの順。「B」はAT車のSレンジと似たモードで、エネルギー回収のための回生ブレーキを積極活用するモード。

「R1e」のスイッチを入れ、ブレーキを離すと、音もなくスルスルと走り出す。ブラシレスモーターの静粛性はきわめて高い。またクリープ現象を擬似的に発生させることで、車庫入れや坂道発進を容易に行うといった、ユーザーフレンドリーな配慮も随所に見られる。車内にはトヨタの車載情報端末「G-BOOK」対応カーナビを備えるなど、IT化も図られている。

この魅力あふれるR1eの流麗なエクステリアデザインや機能的でカジュアルなインテリアは、今後のスバルの小型車のデザインを示すものであるという。スバルの今後に大いに期待を持たせるモデルである。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

  • 【スバル『レガシィ3.0R』発売】安全技術が進化、新しくなった「ADA」 画像 【スバル『レガシィ3.0R』発売】安全技術が進化、新しくなった「ADA」
  • 富士重とGMの歩行者保護解析技術---次期スバル軽自動車に 画像 富士重とGMの歩行者保護解析技術---次期スバル軽自動車に

特集