日産自動車初の軽貨物車『クリッパー』、いよいよ発売へ

自動車 ニューモデル 新型車
日産自動車初の軽貨物車『クリッパー』、いよいよ発売へ
  • 日産自動車初の軽貨物車『クリッパー』、いよいよ発売へ
  • 日産自動車初の軽貨物車『クリッパー』、いよいよ発売へ
日産自動車は、新型軽商用車『クリッパー』を10月6日から発売すると発表した。三菱自動車の軽商用車『ミニキャブ』のOEM供給車で、仕様などは『ミニキャブ』と全く同じ。販売目標は年間2万台。

クリッパーは、日産が初めて投入する軽商用車で、昨年4月に投入した軽乗用車モコとともに、軽自動車市場で乗用、商用それぞれ1車種を取り揃えることになる。これによって乗用車から商用車、軽自動車まで商品ラインナップが充実するとしている。

クリッパーはトラックとバンの2車種で、クラストップレベルの積載性、小回り性などの使い勝手のよさを実現、運転席SRSエアバッグも標準装備した。価格はミニキャブと同じで、トラックが57万5000〜114万5000円、バンが83万4000〜123万8000円。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース