デトロイトの話題をさらう新型フェラーリ2+2クーペ

自動車 ニューモデル モーターショー
デトロイトの話題をさらう新型フェラーリ2+2クーペ
  • デトロイトの話題をさらう新型フェラーリ2+2クーペ
フェラーリが新型の2+2クーペを来年1月のデトロイトオートショーで発表する、と明言して以来、話題はフェラーリに集中している。新型は456M GTの後継モデルとなる、と見られており、ピニンファリーナがデザインを担当。

一体どんな車が登場するのか、期待は様々だが、フェラーリが配信したスケッチは、ややGMの『コルベット』を思わせるデザインだ。

また特徴的なのは、スポーツクーペなのに4人がゆったりと座れるシートの設計。リアシートに座る人にも充分なレッグスペースがあるという。パワーはもちろんV12、『エンツォ』のエンジンが流用される、という噂もあり、HPは550を超える、と考えられている。

実際に発表されるまではこのスケッチデザインも確定ではないが、やはりアメリカでもフェラーリの持つ話題性、インパクトはかなりのものだ。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース