【新型日産『プレサージュ』発表】今まで気づかなかった所って?

自動車 ニューモデル 新型車

【新型日産『プレサージュ』発表】今まで気づかなかった所って?
  • 【新型日産『プレサージュ』発表】今まで気づかなかった所って?
  • 【新型日産『プレサージュ』発表】今まで気づかなかった所って?
  • 【新型日産『プレサージュ』発表】今まで気づかなかった所って?
新型『プレサージュ』のインテリアには使いやすい工夫が満載。『ティアナ』から始まった「モダンリビング」の考え方に、デザイナーのアイデアがプラスされ、開放感と心地よさを演出している。どうやらシートやグリップなどの細かい所にヒミツがありそうだ。

まず目に付くのが円形で上を向いた形状のインパネ。実はこれも北米『クエスト』と似た構成をしている。中央が特徴あるデザインでありながら、室内全体はすっきりとクリーンな印象だ。「機能をセンターへ集中させ、収納をキャビネットのようにすっきりと、何もないようにデザインしました」と語るのはデザイン本部の第一プロダクトデザイン部・プロダクトチーフデザイナーの倉持卓司氏だ。

「クリーンな壁面でドアトリムをすっきりさせました。またシートの形状ですが、座面はやさしく人を包み込み、シートバックはラウンドさせて後席の人に圧迫感を与えないデザインとしました」。なるほど、細かな点だが後席からの景色が違って見える。さらにピラーに付けられた乗降用のグリップだが、「大人が握る上部は太く、子供が握る下部は細くしました。」と続ける。
《》

編集部おすすめのニュース

特集