JAFの新会長に瀧川博司氏が就任

自動車 ビジネス 企業動向
JAF(日本自動車連盟)によると、仁平圀雄会長が常勤役員定年制の内規により6月20日に退任。その後任を第131回理事会にて互選、兵庫トヨタ自動車・代表取締役社長の瀧川博司氏を選出した。

また久保恒彦副会長も同日退任したことに伴い、瀧川新会長は、田中節夫氏(前警察庁顧問)と松波正壽・専務理事兼務の両氏を副会長に指名、理事会の承認を得て任命した。また瀧川新会長は、退任した仁平氏をJAFの最高顧問に委嘱した。

瀧川会長は1933年4月27日生まれ。兵庫県立神戸商科大学商経学部を卒業。61年7月に兵庫トヨタ自動車に入社、77年6月より同社の代表取締役社長を務めている。その他、日本自動車販売協会連合会・会長(98年2月)などを歴任している。

田中副会長は43年4月29日生まれ。66年3月に京都大学を卒業後、警察庁に採用され、神奈川県警警務部監察官を振り出し、警察畑を渡り歩いてきた。2000年1月警察庁長官に就任、2002年8月に退職した。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集