【新型ホンダ『インスパイア』発表】ベンツ、トヨタに続きホンダもプリクラ搭載

自動車 ニューモデル 新型車

【新型ホンダ『インスパイア』発表】ベンツ、トヨタに続きホンダもプリクラ搭載
  • 【新型ホンダ『インスパイア』発表】ベンツ、トヨタに続きホンダもプリクラ搭載
  • 【新型ホンダ『インスパイア』発表】ベンツ、トヨタに続きホンダもプリクラ搭載
プリクラッシュセーフティ、いわゆる予知安全技術が最近話題になっている。メルセデスベンツが『Sクラス』に採用したのを皮切りに、トヨタが『ハリアー』で搭載、ホンダも『インスパイア』でそれに続いた。

他社と比べてホンダのシステムの進歩している点について、本田技術研究所・栃木研究所の小高賢二研究員は「他社のはブレーキのアシストはしますが、クルマが自動的にブレーキを掛けることはしません。インスパイアでは危険度によっては急ブレーキをかけます」と説明する。

インスパイアの“プリクラ”は、Sクラスのように車両の加速度センサーなどから危険を察知するのではなく、ハリアーと同様ミリ波レーダーを使って対象物との距離を監視しており、危険度に応じて以下のように作動する。

第1段階:ブザーと表示によってドライバーに警告

第2段階:軽いブレーキングとシートベルトの弱い引き込みによって警告

第3段階:急ブレーキ(およそ0.6G)に加え、シートベルトを強く引き込み、操作支援と被害軽減を図る

間違えてはいけないのは、これはドライバーがブレーキに触れなくても停止しようとするしくみだが、完全自動ブレーキではないということだ。

小高研究員はこう説明する。「わき見運転や携帯電話の操作が事故の原因になっているケースが多いんです。このような場面でドライバーに危険を知らせて、事故を回避するのが目的です」

最終的な被害を軽減するのはもちろん、まずはドライバー自身による危険回避を促すのが先、ということだ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集