5月輸入車販売、VW、BMW主要メーカー落ち込み目立って微減

自動車 ビジネス 企業動向

5月輸入車販売、VW、BMW主要メーカー落ち込み目立って微減
  • 5月輸入車販売、VW、BMW主要メーカー落ち込み目立って微減
  • 5月輸入車販売、VW、BMW主要メーカー落ち込み目立って微減
  • 5月輸入車販売、VW、BMW主要メーカー落ち込み目立って微減
日本自動車輸入組合が発表した5月の輸入車販売台数は、前年同月比0.2%減の2万506台となり、微減ながら2カ月連続でマイナスとなった。日本メーカーの海外生産車は伸びたものの、主要モデルの海外メーカーの販売が伸び悩んだのが主因だ。

海外メーカーの輸入車の販売台数は、同8.7%減の1万7886台で、5カ月連続のマイナス。フォルクスワーゲンやBMW、ボルボなどの主要メーカーの販売が低迷した。ニューモデルが少ないことも影響している。

日本メーカーの海外生産車は同173.2%増の2620台と2.5倍に増えた。トヨタの『ヴォルツ』やホンダの『フィット・アリア』、『エレメント』などが増えたためで、10カ月連続で前年を上回った。

今後も量販モデルの新型車は少なく、2002年実績の横ばいで推移する見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集