ガードレールのデザインが多様化へ---国交省が検討会設置

エコカー 燃費

国土交通省は、原則として全国統一されているガードレールのデザインや色を景観配慮型に変えられるよう、検討を始めた。このほど『景観に配慮した防護柵推進検討委員会』を設置、夏までに具体案をまとめる。

現状も、ガードロープ型など一定基準内でガードレールデザインは変えられるが、国交省はさらにデザインの自由度を高め、景観に配慮した道作りを目指す。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集