シトロエン、ユーロ高の影響で苦渋の選択、値上げへ

自動車 社会 社会

シトロエン・ジャポンは、昨年末からのユーロ高円安に伴って、全12モデル中8モデルで値上げする新価格を発表した。6月2日から適用する。

昨年9月から今年4月まで、対円で、ユーロは11%以上上がっている。同社では、顧客への影響を可能な限り吸収してきたものの、ユーロ高が限界を超え、当分はこの水準で推移する見込みなことから、全体の3分の2に相当する8モデルで、平均1.2%の値上げを実施する。

値上げ額は2万5000円から8万1000円。

『C3』は182万円から184万5000円に、『クサラ2.0エクスクルーシブ』が249万9000円から255万円になる。最も値上げ率が高いのはクサラ「ブレーク2.0エクスクルーシブ」で、266万9000円が275万円になる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集