GM2003年度第1四半期決算は、自動車部門好調で大幅増益

自動車 社会 社会

ゼネラルモーターズ(GM)は、2003年度第1四半期決算の結果を発表した。純利益は15億ドルで、前年同期の2億2800万ドルから大幅に改善した。GM防衛部門の売却益とヒューズの分割益を控除した四半期の調整後利益は10億ドルだった。

GMの業績が改善したのは、北米での収益性の高い自動車関連事業、ヨーロッパ、アジア市場での業績向上、自動車関連事業部門のキャッシュフローの継続的な向上によると、している。

今後の見通しでは、ポンテアック『グランプリ』から始まった商品力強化として年末までにシボレー『マリブ』、『マリブ・マックス』、ポンテアック『GTO』を投入するほか、キャデラック『XLR』ロードスターや『SRX』クロスオーバー車で、キャデラックブランドの復活にも力を入れ、業績も堅調に推移する見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集