メルセデスベンツ『Cクラス・スポーツクーペ』に新型エンジンを搭載

自動車 ニューモデル 新型車

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツ『Cクラススポーツクーペ』に新型エンジンを搭載して6日から発売した。

今回、搭載した新開発エンジンは、スーパーチャージャー付1.8リットルDOHC直列4気筒エンジンで、高強度アルミシリンダーヘッド・クランクケースによって軽量化を図るとともに、吸排気双方を制御するバリアブルバルブタイミング機構やスーパーチャージャー機構を改良、従来型と比べてトルクと燃費経済性を高めた。

さらにエンジンの振動や騒音を低減するバランサーシャフトも追加し、静粛性を向上した。

価格はスポーツラインが450万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集