【トヨタ新ハイブリッド】『プリウス』のステアリングは一味違います

自動車 ニューモデル 新型車
【トヨタ新ハイブリッド】『プリウス』のステアリングは一味違います
  • 【トヨタ新ハイブリッド】『プリウス』のステアリングは一味違います
  • 【トヨタ新ハイブリッド】『プリウス』のステアリングは一味違います
  • 【トヨタ新ハイブリッド】『プリウス』のステアリングは一味違います
新型『プリウス』には電動式のパワーステアリング(EPS)が採用されている。アクセル/ブレーキのコントロール系にも電子制御(ドライブ・バイ・ワイヤ)が使われているぐらいなので、ステアが電動なのは当然という感じもするが、実はこれが従来車とは一味違う。

「電動式パワーステアリングについては、ECB(電子制御ブレーキシステム)との総合制御になります。障害物を大きく回避したりして挙動が乱れた場合、クルマ自体の挙動をコンピューターが制御し、姿勢を整えるアシストをします」と、第2開発センターの井上雅央・製品企画主査は説明する。

ECBは『エスティマ・ハイブリッド』から採用された技術。VSC(ビークル・スタビリティ・コントロール=横滑り防止)、TRC(トラクションコントロール)、EBD+ABS(制動力配分型の電子制御ABS)、そしてブレーキアシストが含まれている。新型プリウスでもこれを改良し、同車用にチューニングしたものが採用されているという。

「例えばVSCが作動するような状態では、回避のために大きくハンドル操作をする必要が生じるかもしれませんが、EPSと統合した操作ができるので操作量をアシストすることも可能です。また、VSCの効果を最大限に発揮するためには4輪への適切なブレーキ配分の指令も必要ですが、byワイヤの採用によって全て数値化された形でコンピューターがモニターしていますから、従来のクルマより的確にコントールできます」

ショーカー向けの技術アピールのようにも感じるが、井上さんは「市販モデルにも搭載予定です」と話す。新型プリウスの価格は未定だが、コスト次第では非常に魅力的な技術だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集