トヨタの安全コミュニケーション---富士で、お台場で、プロによる講習

エコカー 燃費

トヨタ自動車は、一般ドライバー対象の安全運転実技講習会「トヨタ・ドライバーコミュニケーション」の2003年度開催のスケジュールを発表した。これは交通事故低減を目的にトヨタが独自のプログラムとして1987年以降開催しているもので、今年で17年目になる。

2003年度は、総合的に安全運転のレベルアップを図る1日講習を静岡県の富士スピードウェイで10回開催するほか、臨海副都心にあるMEGA WEBで、気軽に受けられる1時間講習会を年間約100回開催する。受講者数はあわせて750人程度となる見込みだ。

富士スピードウェイの講習では、トヨタテストドライバーを養成している講師がインストラクターを務める「スタンダードコース」と「アドバンスコース」、これに加え全日本GT選手権などに参戦中のトヨタ系レーシングドライバーが講師を担当する「トヨタチームday」を行う。

トヨタでは、今年から全面リニューアルに入る富士スピードウェイの施設内に、講習を定常的に開催する新しい施設を建設し、2005年にオープンする予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集