フォードの“『トーラス』人気を取り戻せ”作戦---基本骨格はマツダ?!

自動車 ニューモデル 新型車

フォードの“『トーラス』人気を取り戻せ”作戦---基本骨格はマツダ?!
  • フォードの“『トーラス』人気を取り戻せ”作戦---基本骨格はマツダ?!
フォードでは2006年モデルイヤーから販売を始める『フトゥーラ』(スペイン語で「未来」の意味)のスケッチを発表。このクルマはかつてアメリカのベストセラーカーの座をトヨタ『カムリ』やホンダ『アコード』と争っ『トーラス』たの「生まれ変わり」と位置づけられている。

ボディサイズは今後の販売が決定している『ファイブハンドレッド』よりひと回り小さく、まさにカムリ、アコードとしのぎを削るサイズ。またレトロスタイルのベントバーグリルを採用、60年代のクラシックなフォードマッスルカーの雰囲気を取り込んでいる。エンジンはアルミニウム製2.3リットル直4と3.0リットルV6が予定されているが、よりパワーのあるパフォーマンスバージョンやガソリン/電気ハイブリッドの投入もあり得るという。

また基本設計はマツダ『6』(日本名『アテンザ』)のものが流用されている。この週末、もしかしたらニューヨーク・オートショーで突然のデビューを飾る可能性もある、といわれているが、実際の販売は2005年から。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集