【マツダ『RX-8』発表】ドリームス・カム・トゥルー

自動車 ニューモデル 新型車

【マツダ『RX-8』発表】ドリームス・カム・トゥルー
  • 【マツダ『RX-8』発表】ドリームス・カム・トゥルー
  • 【マツダ『RX-8』発表】ドリームス・カム・トゥルー
  • 【マツダ『RX-8』発表】ドリームス・カム・トゥルー
  • 【マツダ『RX-8』発表】ドリームス・カム・トゥルー
マツダのルイス・ブース社長は、『RX-8』報道発表会において、「マツダには夢が2つあった。それが実現した」と語った。一つはロータリーエンジンで、二つ目はそれを搭載したスポーツカーである。

RX-8には「レネシス」と呼ばれる新開発のロータリーエンジン(654cc x 2ローター、210PSまたは250PS)が搭載される。ブース社長は「マツダには40年以上におよぶローターリー技術の歴史がある。レネシスはその歴史が結実した、コンパンクでパワフルなエンジンだ」という。

さらに実現した二つ目の夢がRX-8だ。「RX-8はレネシスエンジンのおかげで成立したスポーツカーだ。RX-8の発表はマツダにとって偉大な一歩となる。なぜならマツダのブランドフアイコンとなるクルマだからだ」とブース社長。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集