【F1ブラジルGP決勝】荒れて流れて---マクラーレンは開幕から3連勝

F1グランプリ第3戦ブラジルGP決勝はスタート前の激しい雨のために、スタートが15分遅れ。それもセーフティーカー先導でのスタートとなり、その後もスピンやリタイアが続出。セーフティーカーは何度も導入され、最後は赤旗終了という大荒れの展開となった。優勝したのはキミ・ライコネン(マクラーレン)。

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
【F1ブラジルGP決勝】荒れて流れて---マクラーレンは開幕から3連勝
  • 【F1ブラジルGP決勝】荒れて流れて---マクラーレンは開幕から3連勝
  • 【F1ブラジルGP決勝】荒れて流れて---マクラーレンは開幕から3連勝
  • 【F1ブラジルGP決勝】荒れて流れて---マクラーレンは開幕から3連勝
  • 【F1ブラジルGP決勝】荒れて流れて---マクラーレンは開幕から3連勝
  • 【F1ブラジルGP決勝】荒れて流れて---マクラーレンは開幕から3連勝
F1グランプリ第3戦ブラジルGP決勝はスタート前の激しい雨のために、スタートが15分遅れ。それもセーフティーカー先導でのスタートとなり、その後もスピンやリタイアが続出。セーフティーカーは何度も導入され、最後は赤旗終了という大荒れの展開となった。優勝したのはキミ・ライコネン(マクラーレン)。

母国GPで初めてポールポジションを獲得したルーベンス・バリケロ(フェラーリ)。一時はトップに立って大観衆を大いに沸かせたが結局レース終盤にマシンを止めDNF。フアン・モントーヤ(ウィリアムズ)、アントニオ・ピッツォニア(ジャガー)、ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)が同じ場所でスピンしたほか、オリビエ・パニス(トヨタ)もラルフ・ファーマン(ジョーダン)と接触してリタイアするなど、次々とマシンの数は減り続けた。

終盤トップに立ったのがデイビッド・クルサード(マクラーレン)。それをライコネン、ジャンカルロ・フィジケラ(ジョーダン)が追う展開。52ラップでクルサードがピットインすると、ブリヂストン装着のフィジケラがライコネンをオーバーテイク。ジョーダンの参戦200戦目を勝利で祝うかに見えたその瞬間……、3位走行中のフェルナンド・アロンソ(ルノー)が、直前にクラッシュしていたマーク・ウェーバー(ジャガー)の残骸にヒットしてやはりクラッシュ。赤旗が振られ、レースはそのまま終了になった。

レギュレーションにより赤旗の2周前の結果が最終結果となるため、ライコネンが2戦連続でのウィナーとなった。フィジケラは2位。3位のアロンソは病院へ搬送され、表彰台にはライコネンとフィジケラの2名のみが登った。マクラーレンはこれで開幕から3連勝。B・A・Rホンダではジャック・ビルヌーブが6位入賞。トヨタのクリスチアーノ・ダマッタが10位フィニッシュを果たした。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集