【ガイアックス税金裁判】どうなるガイアックス

高濃度アルコール燃料をめぐっては、車両火災などのトラブルが相次いだとして経済産業省が規制に動いている。「揮発油等の品質の確保等に関する法律」を改正し、低濃度のアルコール分混入を認める代わり、ガイアックスのような高濃度アルコール系燃料をガソリンで使うことを禁止する考えだ。

自動車 社会 社会
高濃度アルコール燃料をめぐっては、車両火災などのトラブルが相次いだとして経済産業省が規制に動いている。「揮発油等の品質の確保等に関する法律」を改正し、低濃度のアルコール分混入を認める代わり、ガイアックスのような高濃度アルコール系燃料をガソリンで使うことを禁止する考えだ。

原告側の弁護士は、アルコール系燃料の低公害性を強調し、一方的な行政の使用規制に反発しているが、成分規定と課税の両方で普及への道のりが険しくなりそうな気配だ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【ガイアックス税金裁判】原告側の反応は… 画像 【ガイアックス税金裁判】原告側の反応は…
  • 【ガイアックス税金裁判】曖昧な役人の態度もおとがめなし 画像 【ガイアックス税金裁判】曖昧な役人の態度もおとがめなし
  • 【ガイアックス税金裁判】ディーゼル原付なら非課税になる!? 画像 【ガイアックス税金裁判】ディーゼル原付なら非課税になる!?
  • 【ガイアックス税金裁判】炭化水素化合物が一滴でも入っていたら課税 画像 【ガイアックス税金裁判】炭化水素化合物が一滴でも入っていたら課税

特集