『GT-R』に続いて日産が廃止…『ローレル』『テラノ』『プレジデント』ほか

自動車 ビジネス 企業動向
『GT-R』に続いて日産が廃止…『ローレル』『テラノ』『プレジデント』ほか
  • 『GT-R』に続いて日産が廃止…『ローレル』『テラノ』『プレジデント』ほか
編集部独自の調べによると、日産は今夏に排ガス強化規制に対応させ、車種整理を実施する。生産中止するのは『ローレル』はじめ『スカイラインGT-R』、『セフィーロ』2500、『シルビア』、『テラノ/レグラス』、『プレジデント』の6モデル。

ローレルとスカイラインGT-Rは直列6気筒エンジンの廃止に伴うもの。GT-Rは2004年にも3.5リットルV6エンジンを搭載した次世代モデルを発売する。ローレルは来年早々にもセフィーロと統合した新型上級FFセダン(2.5リットルV6、3.0リットルV6)に引き継がれる。

テラノ/レグラスは年末にもアメリカから輸入する新型SUVが実質的な後継モデルとなる。シルビア、プレジデントは当面は次世代モデルの開発は見送る方針のようだ。

★★★夏休みに備えてカーナビが欲しい? 悩んでいたらこれで決まり! 新製品の詳細解説&試乗リポート。そしてあなたからメーカーに提案:アンケートに答えてQUOカードをもらおう!! ---
《》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース