NHTSAがGMを調査……720万台の大量リコールか

自動車 社会 社会

NHTSAは2つの懸案について、リコールの可能性がある、とGMを調査中。

最初のものは1998年モデルのシボレー『シルバラード』/GMC『シエラ』フルサイズトラックと、シボレー『サバーバン』が対象で、パワーミラースイッチのショートによってドアパネルから出火する恐れがある、というもの。これまでにNHTSAには32件の「ミラースイッチ付近から煙りが出た」などの苦情が寄せられており、50万台に影響が及ぶ。

二つ目は1994年から98年に製造されたGM製の車両およそ670万台が対象で、ワイパーに不良がある、というもの。GMではこの二つ目に関してすでに150万台のシェビィおよびGMC車のリコールを行っているが、NHTSAはそれだけでは充分ではない、と調査を続行中。もし黒となれば、大量リコールにつながる可能性がある。

★★★夏休みに備えてカーナビが欲しい? 悩んでいたらこれで決まり! 新製品の詳細解説&試乗リポート。そしてあなたからメーカーに提案:アンケートに答えてQUOカードをもらおう!! ---
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集