雨のドライブの味方---「バインダー式親水ドアミラー」

自動車 ニューモデル 新型車
市光工業は松下電工と共同で、雨天時の視認性に優れた「バインダー式親水ドアミラー」を開発した。従来品の親水ミラーと比べて低コストで生産が可能で、今春から生産を開始する。

松下電工が開発した光触媒コーティング材「フレッセラP」をベースに改良、これをミラーに塗布してセ氏300度以下の低温で硬化処理するというシンプルな工法により、生産コストの低減を図った。従来の乾式法(蒸着)親水ミラーと比べて、約2割のコストダウンが可能だという。

親水性ミラーの需要はドアミラー全体の10%を占めている。市光工業ではコストダウンによりさらに需要が拡大するとみて、藤岡ミラー製造所(群馬県)で月産10万枚規模で量産し、親水ドアミラーの需要拡大に対応する考えだ。

【iCOTY】始まる!! あなたがインターネットで投票するカーオブザイヤー:2002年2月22日からインターネットおよびiモードで消費者が投票するクルマの賞として「インターネット・カー・オブ・ザ・イヤー2001-2002」を開催している。あなたも自分でCOTY決定に参加できる! 2002年3月14日まで投票受付中。---
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース