バルセロナF1テスト---マクラーレンがコース独占、ジャガー延期

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

バルセロナF1テスト---マクラーレンがコース独占、ジャガー延期
  • バルセロナF1テスト---マクラーレンがコース独占、ジャガー延期
バルセロナで行われている合同テスト2日目もマクラーレンとザウバーのみが参加。昨年マシンとニューパーツを組み合わせたハイブリッド型に乗ったアレクサンダー・ブルツが、ニューマシンのデビッド・クルサードを1秒上回るトップタイムを記録。

またザウバーのニック・ハイドフェルトが午前中のみの走行だったため、午後はマクラーレンがコースを独占。ブルツはレース距離の1.5倍に当たる99ラップを走り切った。クルサードはメカニカル・トラブルが発生したため63ラップで作業を終えた。

この日から参加予定だったジャガーだが、フロント・ウィングにトラブルが発見されたため、テストを延期。フランス、リューシー・レヴィーで行われるストレートのテストは予定通り実施するとのこと。

1:ブルツ/マクラーレン(M) 1.18..194 99周
2:クルサード/マクラーレン(M) 1.19..194 63周
3:ハイドフェルト/ザウバー(B) 1.19..290 54周


チーム名の後ろ、()内はタイヤサプライヤー
M:ミシュラン、B:ブリヂストン
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集