【株価】トレーラーの脱輪報道を嫌気---三菱自が大幅安

自動車 ビジネス 株価

米国市場が休場で方向感がない中、引けにかけて急落。平均株価は1万円台割れ寸前まで下げた。円相場は1ドル=133円台まで下げたが、自動車株もほぼ全面安となった。日産自動車が、前日比21円安の727円と3日ぶりに反落。トヨタ自動車が下げ、ホンダも反落した。

三菱自動車工業が、15円安の237円と大幅安。今月10日、横浜市内で同社製トレーラーのタイヤが外れ死亡事故が発生したが、株式情報配信システムが「同車種トレーラーで、それ以前にタイヤが外れる不具合が3件発生していた」と報じたことが嫌気された。

全面安の中で、マツダが6円高の245円としっかり。外資系証券が目標株価を350円に引き上げたことが、好材料とされたもようだ。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集