バレンシアF1テスト5日目……BARが大健闘

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

バレンシアで開催中の合同テスト18日はBARホンダのオリビエ・パニスが2002マシンでこれまでの最高となる2位タイムを記録するなど、大健闘。

ニューマシンの出来が悪ければ今シーズン限りでチームを離れるのではと噂される、同じBARホンダのジャック・ビルヌーブも「メカニック的にも去年を大きく上回っている。かなり変わったし、フィーリングもすごくいい」とコメントするなど、素性の良さを伺わせていた。

8位でバレンシアを終えたトヨタのミカ・サロも「成果に満足している」と語るなど、今週からのポールリカールでのテストに向けて順調に進んでいる様子。

1. R. シューマッハ/ウィリアムズ(M)
 1.12..990 100周
2. パニス/BARホンダ(B)
 1.13..771 79周
3. ピッツォニア/ウィリアムズ(M)
 1.13..897 57周
4. ビルヌーブ/BARホンダ(B)
 1.14..023 34周
5. ジェネ/ウィリアムズ(M)
 1.14..098 59周
6. サロ/トヨタ(M)
 1.14..661 74周
7. ダビッドソン/BARホンダ(B)
 1.15..162 63周
8. ウェーバー/ミナルディ(M)
 1.16..745 34周
9. アルベール/ミナルディ(M)
 1.17..678 11周

チーム名の後ろ、()内はタイヤサプライヤー
M:ミシュラン、B:ブリヂストン
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集