今度はなんと見舞金まで!? 盗難車捜索ビジネス大盛況

自動車 ニューモデル 新型車

矢崎総業とデイシス、NTTドコモ関西、三井住友海上火災保険の4社は、急増する自動車盗難に対応して車両監視機能と盗難見舞金制度を付帯した車両位置検索サービス「ついせきi」を共同開発し、矢崎総業が今春から発売する。初年度は1万件の契約を目指すという。

新商品は、監視モード中のドア開閉やバッテリーと回路が外された時や、駐車場から車両が500m以上移動した場合、ユーザーにメールで通知する。万一、盗難に遭った場合は、ユーザー自らインターネットやiモード携帯電話のディスプレイ上の地図画面で、現在の車両位置の検索・追跡が可能。クルマが移動している場合も追跡が可能で、バッテリーが外されてもバックアップ電源への自動切換え機能で72時間は通信機能を維持する。

また、3年間の盗難見舞金制度が付帯されており、盗難に遭った場合、車両位置検索のための通信費用上限10万円、盗難に遭ったクルマを発見して回収するための費用上限20万円、盗難車が発見されなかった場合の違約金上限20万円のそれぞれ実費を支給する。

価格は機器買い取りの場合、初期登録料が12万6000円、取り付け費用が8000〜1万5000円。月額使用料は2800円で、iモードによる検索を使用する場合には月額200円が別途必要となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集