ダイハツ『ネイキッド』、マイナーチェンジして上級グレード新設定

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツ工業は、軽乗用車の『ネイキッド』をマイナーチェンジして、8日から発売。今回新たに上質感を訴求した「Fシリーズ」を設定した。装備を充実した「F」と、走りの面白さを追求した「ターボF」の2車種を用意している。

Fシリーズの外観には専用角型ヘッドランプや、フロントセンターバンパー&メッキグリル、バックドアガーニッシュを採用した。また、ロードダウンサスペンション(-20mm)やアルミホイールを標準装備した。内装では、専用シート地やフロアカーペット、ベンチ&コラムシフトを採用。ピラーガーニッシュを標準装備し、2トーンウッド調メーター&センタークラスターを採用した。

「Gシリーズ」はマイナーチェンジして、新意匠のグリルを採用、大型リヤコンビランプに変更したほか、リクライニング機構付簡単脱着式リヤシート&スペアタイヤ仕様を採用した。

価格は一部据え置きで、2〜7万円値上げした。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集