車載器の価格は高いけれど、一度体験したらやめられないETCの快感

自動車 テクノロジー ITS

クリスマス連休に横浜から軽井沢に出かける予定があったので、ETC車載器を取り付けてみた。カーショップのバーゲンを狙い、格安のETC車載器を選んでも、本体+取付け工賃+セットアップで約3万5000円ほどの出費。一般のドライバーには高すぎる。もっと安くなるか、高速道路の料金がかなり割引されないと、普及しない。

支払いのために、料金所に列を連なるクルマを横目で見ながら、30km/hほどで料金所を通過するとき、取り付けて良かったと実感する瞬間だ。

運用面での粗も見えてきた。一番の問題は、ETCと一般の併用型レーン。首都高では、2レーンも用意されているのに、高速道路1レーンしか使っていない。使っていないレーンをETC専用にすればいいのに、わざわざ併用型にしたりしている。また、関越道の新座料金所など有料道路の終点での料金所でも、ETC専用レーンは1つしかなく、後は併用型。併用型は、ETCユーザーにメリットがないだけでなく、様々な危険性をはらんでいるようだ。

また、せっかくVICSという情報伝達手段があるのにそれを活用しないのももったいない。料金所手前でビーコンから、ETCレーンの詳細情報を伝えることができれば、さらに使いやすくなると思う。

とは言え、料金所をノンストップでスムーズに通過する快感は、一度経験したらやめられない。ETCユーザーの醍醐味といえる。
《編集部》

編集部おすすめのニュース