【パリ・ショー速報 Vol. 12】日産『フュージョン』は次期『プリメーラ』?

自動車 ニューモデル モーターショー

【パリ・ショー速報 Vol. 12】日産『フュージョン』は次期『プリメーラ』?
  • 【パリ・ショー速報 Vol. 12】日産『フュージョン』は次期『プリメーラ』?
  • 【パリ・ショー速報 Vol. 12】日産『フュージョン』は次期『プリメーラ』?
  • 【パリ・ショー速報 Vol. 12】日産『フュージョン』は次期『プリメーラ』?
  • 【パリ・ショー速報 Vol. 12】日産『フュージョン』は次期『プリメーラ』?
  • 【パリ・ショー速報 Vol. 12】日産『フュージョン』は次期『プリメーラ』?
日産の新しいデザイン・アプローチ、今後の日産量産車のスタイリングがエキサイティングなものになるとアピールするショーカーが『フュージョン』だ。……というのは日産のPR資料からの引用だが、そのとおり信じたくなる秀作。

フュージョンをデザインしたのはニッサン・デザイン・ヨーロッパ社、チーフデザイナーはシュテファン・シュバルツ。シュバルツはピニンファリーナに在籍したこともある才能だ。「新しいデザイン」とはいえ、日産の伝統=技術力、日本車メーカーとしてのアイデンティティは忘れなかったという。それゆえの車名フュージョン、すなわち「融合」か。

クルマとしてはミドルクラス・4シーター・4ドアセダン、エンジンについては資料はなし、トランスミッションはハイパートロニックCVT。全長4639mm、全幅1762mm、全高1450mm、ホイールベース2680mm。ということはこれが次期『プリメーラ』のスタディと考えてもあながち間違いではなかろう。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集