リクルート グループに関するニュースまとめ一覧

スライドドアは便利だが、人気のSUVにはついてない---100万円以下で軽を買う 画像
モータースポーツ/エンタメ

スライドドアは便利だが、人気のSUVにはついてない---100万円以下で軽を買う

軽ってこんなに高かったっけ? そんな違和感を抱きながらちょっと無理して軽自動車を買おうとしている人向けの企画が、『カーセンサー』9月号の特集だ。人気モデルに負けないポテンシャルを持ちながら、100万円以下で手に入る、安くて良い軽・厳選20車種。

「エンジンを廻すのに何も役立たないからね」BMWのエンジンキング 画像
モータースポーツ/エンタメ

「エンジンを廻すのに何も役立たないからね」BMWのエンジンキング

人々の記憶に残る名車を数多く生み出したBMW。エンジニアリング、レース、デザイン……と、いくつもの顔があるこのブランドの魅力に、『カーセンサーエッジ』8月号が迫る。BMWの入門書にして充実したガイドブックとなっている。

それ、本当に買うの? いや、クルマは買うまでが楽しいのだ 画像
モータースポーツ/エンタメ

それ、本当に買うの? いや、クルマは買うまでが楽しいのだ

運命の1台を探そう、と『カーセンサー』が呼びかける。生粋のカーマニアや業界のプロたちが選ぶ「お気に入り」物件は気になるのではないか? 8月号では、自動車を愛するあんな人、こんな人のお気に入りを紹介している。

中古車購入費用は過去最高の3兆7498億円、平均単価が上昇…カーセンサー調べ 画像
自動車 ビジネス

中古車購入費用は過去最高の3兆7498億円、平均単価が上昇…カーセンサー調べ

カーセンサーは、過去1年間に中古車の購入を検討した人に対して「カーセンサー中古車購入実態調査2019」を実施、中古車購入費用は前年比9.0%増の3兆7498億円となり、過去最高を記録した。

スポーツSUVを育てたのはドイツだ!!…スポーツが重なってます 画像
モータースポーツ/エンタメ

スポーツSUVを育てたのはドイツだ!!…スポーツが重なってます

『カーセンサーエッジ』編集部によると、今に至るスポーツSUVの世界的なブームは20年前、BMW『X5』初代から始まったという。多様化するこのカテゴリーの中でも、ブランド同士の競争が激しいのが「German SUV」だ。

スポーツカーを見ているだけで満足か!? …本当は好きな「車離れ」層 画像
モータースポーツ/エンタメ

スポーツカーを見ているだけで満足か!? …本当は好きな「車離れ」層

『カーセンサー』6月号はスポーツカー特集、「見ているだけで満足か!? さあ、スポーツカーしようぜ!」と読者に迫ってくる。『カーセンサー』編集部によると、エコブーム時代に比べれると、昨今のほうがスポーツカーが人々の身近な存在となっているそうだ。

好事家のための最新ガレージ事情…キーワードは“建築家” 画像
モータースポーツ/エンタメ

好事家のための最新ガレージ事情…キーワードは“建築家”

『カーセンサーエッジ』6月号の特集は「至極のガレージ大全2020」、 好事家のための最新ガレージ事情を公開している。キーワードは“建築家”だという。「ガレージハウスづくりに長けた建築家やアーキテクト自らが自邸として設計した……

AMGやクアドフォリオにRS、“最高峰バッジ”を身に着けたクルマに乗る 画像
モータースポーツ/エンタメ

AMGやクアドフォリオにRS、“最高峰バッジ”を身に着けたクルマに乗る

『カーセンサーエッジ』5月号 発行:リクルート 定価: 524円(本体価格476円+税)

ブーム再び、20年前のクルマがおしゃれに見えてくる 画像
モータースポーツ/エンタメ

ブーム再び、20年前のクルマがおしゃれに見えてくる

ファッションや音楽などのトレンドは20年周期で繰り返されるという説を聞いたことはないだろうか。その風潮はクルマにもあるらしい。どうやら20年ほど前のクルマに「今乗りたい!」という人が増えているそうだ。

垂涎の一品、“役付き”ポルシェこそクルマ乗りのゴール 画像
モータースポーツ/エンタメ

垂涎の一品、“役付き”ポルシェこそクルマ乗りのゴール

『911』や『718 』など、皆が憧れ、街を流せば人の視線を奪うポルシェ。ブランドの世界に触れること以上に、愛好家の間で“役付き”と呼称されるポルシェのスペシャルモデルは垂涎。4月号では、畏怖すら感じるトンガリモデルをフィーチャーする。

華のあるクルマで、つまらない日々にさようなら 画像
モータースポーツ/エンタメ

華のあるクルマで、つまらない日々にさようなら

リクルート自動車総研によると、通勤やお買い物など普段使いを目的とした中古車の購入にかける平均価格は131.3万円だという。街で見かける定番のモデルではなく、予算内で買える「日常にパッと花を添える」モデルを買う選択肢を『カーセンサー』は提案する。

東京23区内0円、「スーモタクシー」期間限定で運行開始 画像
モータースポーツ/エンタメ

東京23区内0円、「スーモタクシー」期間限定で運行開始

リクルート住まいカンパニーが企画運営する不動産・住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」は、東京23区内を0円で乗車できる「スーモタクシー」を2月14日より2週間の期間限定で運行する。

ランドローバーを選ぶ・買う・乗るための“教科書” 画像
モータースポーツ/エンタメ

ランドローバーを選ぶ・買う・乗るための“教科書”

1948年にその歩みを初めたランドローバーは、SUV専売4WDブランドとして今年で72年目を迎えた。今や高級SUVブランドとして確立された存在となったランドローバーの“選ぶ・買う・乗り方”を紹介する。

SUVは多種多様、カテゴライズすると…選びやすい 画像
モータースポーツ/エンタメ

SUVは多種多様、カテゴライズすると…選びやすい

クルマ業界的ブームと言えば「SUV」。国産車だけでなく輸入車でも車種がありすぎて逆に困ってしまってはいないだろうか。そこで『カーセンサー』3月号では多種多様なSUVを独自にジャンル分けして整理した。

BMWの厳選車を狙え! 2020年ベストバイはこれだ 画像
モータースポーツ/エンタメ

BMWの厳選車を狙え! 2020年ベストバイはこれだ

ハッチバックからSUV、スポーツカーまで全12シリーズ、計38モデルを世界で展開しているBMW。グレード別、中古車も含めると、選択肢は最早天文学的数字になる。『カーセンサー エッジ』今号では、そんな多岐に及ぶBMWの“2020年ベストバイ”を紹介。

2019年、みんなが一番気になっていたクルマはこのクルマでした。 画像
モータースポーツ/エンタメ

2019年、みんなが一番気になっていたクルマはこのクルマでした。

『カーセンサーnet』がもつ膨大なデータを元に、2019年最も注目されていた人気モデルトップ50を紹介。本家カー・オブ・ザ・イヤーとの違いは、人気最新モデルから絶版車まで、掲載されているクルマ全てが対象という点だ。

リクナビの内定辞退率問題、トヨタやデンソー、本田技術研究所など37社を行政指導[新聞ウォッチ] 画像
自動車 社会

リクナビの内定辞退率問題、トヨタやデンソー、本田技術研究所など37社を行政指導[新聞ウォッチ]

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

乗らずに死ねるか! 現実的予算で手に入るスーパーカーはこれ 画像
モータースポーツ/エンタメ

乗らずに死ねるか! 現実的予算で手に入るスーパーカーはこれ

スーパーカーというオーラを身に纏い、クルマの名前は知らなくても、街で流せば誰もが振り返る。しかし、スーパーカーが故に値段も“スーパー”。そこで現実的予算で手に入れる中古車相場2020万円以下の『カーセンサー EDGE』的スーパーカーを厳選。

ぶつけそう? 擦りそう? それならクルマを小さくすればいいじゃない 画像
モータースポーツ/エンタメ

ぶつけそう? 擦りそう? それならクルマを小さくすればいいじゃない

狭い道をすり抜けたり、駐車したりする際に、肝を冷やしたことのある人も少なくないだろう。そんなヒヤリハットを軽減するため、『カーセンサー』編集部が導き出した答えは「クルマのサイズを小さくする」。そうすれば、8割が解決するという。

「4WD=高性能」の生みの親…今、アウディの“スポーツ”を選ぶ理由 画像
モータースポーツ/エンタメ

「4WD=高性能」の生みの親…今、アウディの“スポーツ”を選ぶ理由

『カーセンサー エッジ』12月号では「高性能モデル=4WD」の潮流を生み出したアウディのスポーツモデルを特集。これまでのアウディの歩み、スポーツモデルのユーズドアウディの中から厳選したベストバイを紹介。

走れ編集部! 4WDは最強のオプション、予算で妥協したくない 画像
モータースポーツ/エンタメ

走れ編集部! 4WDは最強のオプション、予算で妥協したくない

「2WDでも十分」と言う人がいるけれど、それは本音なのか、妥協したゆえの強がりなのか……。そう『カーセンサー』編集部は問いかける。12月号では4WD車の特徴やメリットについて実走テストを交えて解説、予算で妥協しなくてもOKなお得な中古車を紹介する。

今、自然吸気V8フェラーリを選ぶべき3つの理由 画像
モータースポーツ/エンタメ

今、自然吸気V8フェラーリを選ぶべき3つの理由

ターボを搭載の最新・最強のV8ミッドシップフェラーリも良いが、V8自然吸気エンジンの存在も見逃せない。『カーセンサーエッジ』11月号では、ミレニアム世代のV8“自然吸気”フェラーリをフィーチャー。V8NAを選ぶべき3つの理由や跳ね馬の“買い方”と“飼い方”を掲載。

みんなと同じクルマはイヤ?それなら“個性車”に乗ろう! 画像
モータースポーツ/エンタメ

みんなと同じクルマはイヤ?それなら“個性車”に乗ろう!

クルマ選びの際に、気になってしまうのが「人と被るクルマ」。カスタムやレア車と選択肢はあるが、知識やお金も要求される。そこで諦めるのはまだ早い。中古車の中には、既に個性的なクルマが揃っていると『カーセンサー』は言う。

水冷 ポルシェ 911 が旬を迎えた---買うなら今しかない中古市場 画像
モータースポーツ/エンタメ

水冷 ポルシェ 911 が旬を迎えた---買うなら今しかない中古市場

最高の実用スポーツカー、ポルシェ『911』。その名前に惹かれるのは私だけではないだろう。一度は手にしてみたいと思うものだが、性能が故に高値である。しかし、水冷911シリーズが今は狙い目だと『カーセンサーエッジ』は言う。

狙った獲物は逃さない、憧れのスポーツ車を買う…自動車媒体編集長もアドバイス 画像
モータースポーツ/エンタメ

狙った獲物は逃さない、憧れのスポーツ車を買う…自動車媒体編集長もアドバイス

誰しも「スポーツ車を手に入れたい」と一度は思うのではないだろうか。一般のクルマと比べ流通量が少なく、高性能が故に新車価格も決して安いとはいえない。しかし、中古車なら手が届く!

リクナビ内定辞退予測を購入した企業、トヨタ、ホンダなど12社[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

リクナビ内定辞退予測を購入した企業、トヨタ、ホンダなど12社[新聞ウォッチ]

就活情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアが、学生の個人データから内定辞退率を予想し、その情報を本人の同意が不十分なまま企業に販売していた問題で、購入した企業が相次ぎ判明している。

時代が追いついた!?…ボルボに乗るという選択肢 画像
自動車 ニューモデル

時代が追いついた!?…ボルボに乗るという選択肢

『カーセンサーエッジ』9月号の巻頭特集は「今こそVOLVOに乗ってみよう!」だ。最初のボルボ車が誕生から90年。「ボルボの設計の基本は常に安全でなければならない」という哲学に基づき、常に世界中のブランドの先を行く存在であった。

リクナビ、就活生の内定辞退予測を企業に提供---本人同意が不充分[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

リクナビ、就活生の内定辞退予測を企業に提供---本人同意が不充分[新聞ウォッチ]

就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアが、就活学生の「内定辞退率」を本人の十分な同意なしに予測し、38社に有償で提供していたという。

持てばきっと世界が広がる! I Love SUV! 画像
モータースポーツ/エンタメ

持てばきっと世界が広がる! I Love SUV!

セダンやコンパクトカー、ミニバンよりも、持っているだけでもワクワクさせてくれるSUV。走行性能だけでなく、見た目重視の多種多様なモデルが増えてきている現代、SUVを見た目から選んでも良いのではないか、と『カーセンサー』が問いかける。

メルセデスを未来へと導いたイタリア人 画像
モータースポーツ/エンタメ

メルセデスを未来へと導いたイタリア人

往年のメルセデスベンツに再び脚光が集まっているという。『カーセンサーエッジ』によると、一生を付き合えるメルセデスというのは、80s~90sが最後だそうだ。そして個体数が激減しつつあり、これら「名車」を体感するなら今が最後だという。

現行型中古車は、マイナーチェンジ前後でこんなに違う?! 画像
モータースポーツ/エンタメ

現行型中古車は、マイナーチェンジ前後でこんなに違う?!

高年式の現行モデルの中古車が、ある特定の条件が重なった時に、グッと安くなることがあるという。キーワードは「現行型マイナーチェンジ前」。そういったモデルを『EARLYモデル』と名付けて紹介する。

日本人が知らないだけ---進化しているアメリカ車 画像
モータースポーツ/エンタメ

日本人が知らないだけ---進化しているアメリカ車

『カーセンサーエッジ』7月号の巻頭特集は「GO FOR AMERICAN CARS!」=アメリカ車を狙え! みな“同じ”に見える昨今のクルマの中で個性を際立たせている存在がアメリカ車。

中古車に対する不安は年々減少、ミニバン人気は継続 カーセンサー調べ 画像
自動車 ビジネス

中古車に対する不安は年々減少、ミニバン人気は継続 カーセンサー調べ

カーセンサーは、過去1年間に中古車の購入を検討した人に対して「カーセンサー中古車購入実態調査2018」を全国(沖縄県を除く)で実施。その調査結果を発表した。

ランボルギーニ アヴェンタドール と同じ希少価値の「パンの耳」 画像
モータースポーツ/エンタメ

ランボルギーニ アヴェンタドール と同じ希少価値の「パンの耳」

リクルートグループが発行する『カーセンサー』によると、食通はパンの“端っこ”にある耳の美味しさを知っているのだという。そしてクルマ界にも食パンの耳と同じ端っこゾーンがあるそうだ。不人気車も多いが、それゆえグッドコンディションで、安い。

素敵な家族のクルマには「ちょい○○感」がある? 画像
モータースポーツ/エンタメ

素敵な家族のクルマには「ちょい○○感」がある?

「結婚したんだし…、子どもを乗せるんだから…」と、ファミリーカーを選ぶ際にそんな固定観念で車種の選択肢を狭めていないか、と『カーセンサー』が問いかける。ある要素を“ちょい”足したり、“ちょい”引くだけで、ファミリーカーの世界はひろがるという。

「名車」への思いを呼び起こしてほしい! カーセンサーのアプローチ…オートモビルカウンシル2019 画像
自動車 ニューモデル

「名車」への思いを呼び起こしてほしい! カーセンサーのアプローチ…オートモビルカウンシル2019

中古車情報誌『カーセンサー』は前回に引き続き、オートモビルカウンシル2019にブースを出展した。会場では現在販売中の『カーセンサー』を販売、購入した人にはアイラブ「名車」(車種名空欄)というワードがデザインされた手提げバッグに入れて手渡された。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 ・・・> 次
Page 1 of 11