スバル アイサイト(EyeSight)に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
スバル(ブランド、自動車) SUBARU スバル(コーポレート、企業動向) 自動運転、高度運転支援(ADAS)
クロストレック 新型に広角単眼カメラを搭載、死亡交通事故ゼロへスバルの本気 画像
自動車 ニューモデル

クロストレック 新型に広角単眼カメラを搭載、死亡交通事故ゼロへスバルの本気

2022年11月30日、株式会社SUBARUは、事故低減に向けた取り組み(衝突安全編)と題したオンラインイベントを開催した。

8個のカメラは将来のアイサイト? スバルが自動運転実験車両を披露…SIP自動運転実証実験プロジェクト 画像
自動車 テクノロジー

8個のカメラは将来のアイサイト? スバルが自動運転実験車両を披露…SIP自動運転実証実験プロジェクト

スバルは東京・お台場地区で開催された「SIP自動運転実証実験プロジェクト」の展示・試乗会(9月29日~10月1日開催)に参加し、8台のカメラを搭載した実験車両『HARMONIA DRIVE』を公開。シミュレーション技術を使った安全優先の実証実験に取り組んだ結果などを披露した。

スバルが取り組むデジタルツイン開発「IVX-D」…Ansys Simulation World 2022 Japan 画像
自動車 ビジネス

スバルが取り組むデジタルツイン開発「IVX-D」…Ansys Simulation World 2022 Japan

9月28日に開催された「Ansys Simulation World 2022 Japan」にて、スバルの先進安全装備「Eyesight(アイサイト)」を開発した樋渡穣 技術本部技監がアイサイトにつながる同社の歴史と、これからの開発モデル「IVX-D」に関する講演を行った。

ドライビングサポート機能の評価は数値化しづらい…スバルの試み 画像
自動車 テクノロジー

ドライビングサポート機能の評価は数値化しづらい…スバルの試み

SUBARU(スバル)は8月末日、オンラインにて事故低減に向けた取り組みについて、発表を行った。内容は、アイサイトの実績や、実際のユーザー評価、工学的根拠に基づく運転負荷に関する調査の結果などが報告された。

スバル アイサイト搭載車、世界累計販売台数500万台を達成 画像
自動車 テクノロジー

スバル アイサイト搭載車、世界累計販売台数500万台を達成

SUBARU(スバル)は、運転支援システム「アイサイト」搭載車の世界累計販売台数が2022年6月に500万台を達成したと発表した。2008年5月に日本で発売して以来、14年1か月での達成となる。

前の車の速度は? スバル、アイサイトの画像データを使ったコンペ開催 画像
自動車 テクノロジー

前の車の速度は? スバル、アイサイトの画像データを使ったコンペ開催

SUBARU(スバル)は、AI開発拠点「スバルラボ」にて、データ分析コンペティション「スバル画像認識チャレンジ」を2021年11月19日から2022年1月31日まで実施する。

【スバル レガシィアウトバック 新型】高度運転支援システム標準装備…価格は414万7000円より 画像
自動車 ニューモデル

【スバル レガシィアウトバック 新型】高度運転支援システム標準装備…価格は414万7000円より

SUBARU(スバル)は10月7日、7年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型『レガシィアウトバック』(日本仕様)を正式発表した。価格は414万7000円より。

【スバル レガシィ アウトバック 新型】アイサイトX標準装備でさらに快適に そしてよりラグジュアリーな存在へ 画像
自動車 ニューモデル

【スバル レガシィ アウトバック 新型】アイサイトX標準装備でさらに快適に そしてよりラグジュアリーな存在へ

◆アウトバックファン待望の7年振りのフルモデルチェンジ ◆トルクフルはエンジンスペックに、さらに拡大したゆとりのボディサイズ ◆アイサイトXが標準搭載 充実の快適装備

【スバル フォレスター 改良新型】基本性能を備えたTouring、シートヒーターなどを標準装備[詳細画像] 画像
自動車 ニューモデル

【スバル フォレスター 改良新型】基本性能を備えたTouring、シートヒーターなどを標準装備[詳細画像]

改良新型『フォレスター』では、フロントバンパーやグリル、ヘッドランプなどをリニューアルし、「新世代アイサイト」などの先進技術を採用している。写真は基本性能を備えたスタンダードモデルの「Touring」。

【スバル フォレスター 改良新型】X-BREAKは幾何学テクスチャーや防水シート採用でタフさを強化[詳細画像] 画像
自動車 ニューモデル

【スバル フォレスター 改良新型】X-BREAKは幾何学テクスチャーや防水シート採用でタフさを強化[詳細画像]

スバルの改良新型『フォレスター』は、スバルのデザインコンセプト「BOLDER」表現を取り入れ、よりSUVらしい印象となった。「X-BREAK」グレードは、防水シートやレッドオレンジの加飾により、タフでアクティブな仕様になっている。

ファイブスター大賞でも防げない乗員被害にどう対応するか…スバル レヴォーグ 新型 画像
自動車 テクノロジー

ファイブスター大賞でも防げない乗員被害にどう対応するか…スバル レヴォーグ 新型

しかし、ファイブスター大賞を取ったレヴォーグでも対応しきれない事故があるという。それはシートベルト非装着時の乗員保護だ。しかし、スバルはこの問題にも取り組んでいる。

【スバル レヴォーグ 新型試乗】「STIスポーツEX」は間違いなくコスパ最高の1台だ…中村孝仁 画像
試乗記

【スバル レヴォーグ 新型試乗】「STIスポーツEX」は間違いなくコスパ最高の1台だ…中村孝仁

カーオブザイヤーを獲得した『レヴォーグ』を、ようやく路上に引き出すことが出来た。流石に受賞車の人気は高く、1週間借り出そうとすると今になってしまうのだ。

スバルの安全を月額定額制で提供、中古車サブスクプランを神奈川・新潟で開始 画像
自動車 ビジネス

スバルの安全を月額定額制で提供、中古車サブスクプランを神奈川・新潟で開始

SUBARU(スバル)は、運転支援システム「アイサイト」付きの中古車を月額定額制で提供する「スバル サブスクプラン」を3月26日より神奈川県と新潟県で開始した。

スバルの新世代アイサイトを実現したFPGA…オートモーティブワールド2021 画像
自動車 テクノロジー

スバルの新世代アイサイトを実現したFPGA…オートモーティブワールド2021

イヤーカーにもなったスバルレヴォーグの「アイサイトX」は、従来からのステレオカメラ方式を踏襲しながら、検知精度うの向上などが図られている。このときカメラモジュールのサプライヤーが変わったことが話題になった。

スバル、AI開発拠点を渋谷に開設…アイサイトとAIの融合を加速 画像
自動車 テクノロジー

スバル、AI開発拠点を渋谷に開設…アイサイトとAIの融合を加速

SUBARU(スバル)は、AI開発拠点「スバルラボ」を2020年12月、野村不動産が展開するサービス付小規模オフィス「H1O(エイチワンオー)渋谷三丁目」(東京都渋谷区)内に開設すると発表した。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 14