ソニー、ソニーグループに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
【カーナビガイド 】 ソニー nav-u ソニー XYZ エリクソン ソニー・インタラクティブエンタテインメント ソニー損保 ソニー ナブ・ユー ソニー・ピクチャーズエンタテインメント ソニー・マガジンズ
車窓サイネージ「Canvas」搭載タクシーを指定して配車、S.RIDEが新機能の提供開始 画像
自動車 ビジネス

車窓サイネージ「Canvas」搭載タクシーを指定して配車、S.RIDEが新機能の提供開始

車窓サイネージサービス「Canvas」を運営するニューステクノロジーとタクシーアプリ等を展開するS.RIDEは、タクシーアプリ「S.RIDE」を通じて「Canvas」搭載タクシーを配車する機能を7月20日より開始した。

ソニーグループ 吉田社長「VISION-Sは探索領域として今後も開発」 画像
自動車 ビジネス

ソニーグループ 吉田社長「VISION-Sは探索領域として今後も開発」

ソニーグループは5月26日、2021年度の経営方針説明会をオンラインで開催した。その中で電気自動車『VISION-S』について、吉田憲一郎会長兼社長は「今後もVISION-Sは探索領域として開発を進める」と述べた。

ソニー、エンタメの顧客10億人“囲い込み”…車載センサー事業も拡大へ[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

ソニー、エンタメの顧客10億人“囲い込み”…車載センサー事業も拡大へ[新聞ウォッチ]

4月1日付で社名変更したソニーグループが、2021年度の経営方針を発表した。ゲームや映画、音楽などのエンターテインメント事業を中心に、ソニーと直接つながりを持つような顧客基盤を、現在の1億6000万人から10億人に拡大することを目指すという。

【人とくるまのテクノロジー2021】オンラインで447社が出展…基調講演はソニーのEV担当 5月26日から 画像
自動車 ニューモデル

【人とくるまのテクノロジー2021】オンラインで447社が出展…基調講演はソニーのEV担当 5月26日から

自動車技術会は、5月26日~7月30日にわたって開催する「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に447社が出展すると発表した。

ソニーのEV『VISION-S』、5G通信をテスト中 画像
エコカー

ソニーのEV『VISION-S』、5G通信をテスト中

ソニーグループは4月から、ボーダフォン・ジャーマニーと『VISION-S』プロトタイプの5G走行試験をドイツ・アルデンホーフェンにあるテストコースで開始した。(21日発表)

最新EVが集結! ソニー『VISION-S』も国内初の一般公開…EV:LIFE FUTAKOTAMAGAWA 画像
エコカー

最新EVが集結! ソニー『VISION-S』も国内初の一般公開…EV:LIFE FUTAKOTAMAGAWA

自動車専門誌『ル・ボラン』が主催する「EV:LIFE FUTAKOTAMAGAWA」が、3月28日、二子玉川ライズ(東京都世田谷区)で開催された。イベントではソニーが試作したコンセプトEVモデル『VISION-S』を国内で初めて一般公開したほか、メーカー12社が最新EVを出展した。

ソニーのEV、『VISION-S』を一般向けに国内初公開、12メーカーのEVが集結 3月28日 画像
エコカー

ソニーのEV、『VISION-S』を一般向けに国内初公開、12メーカーのEVが集結 3月28日

自動車専門誌『LE VOLANT(ル・ボラン)』は、自動車メーカー各社の最新電気自動車(EV)が一堂に会する国内初イベント「EV:LIFE FUTAKOTAMAGAWA」を3月28日に、二子玉川ライズ(東京都世田谷区)にて開催する。

ソニー VISION-Sプロトタイプ、国内初の一般公開 3月28日 画像
自動車 テクノロジー

ソニー VISION-Sプロトタイプ、国内初の一般公開 3月28日

ソニーは、開発中のコンセプトEVモデル『VISION-S』について、国内初となる試作車両の一般公開を3月28日、東京の二子玉川ライズ(東京都世田谷区)にて行うと発表した。

ヤマハ発動機×ソニー、共同開発のエンタメ車両で乗客以外も楽しめる新サービス提供 画像
自動車 ニューモデル

ヤマハ発動機×ソニー、共同開発のエンタメ車両で乗客以外も楽しめる新サービス提供

ヤマハ発動機は、ソニーと共同開発したエンタテインメント車両「ソーシャブルカート:SC-1」を用いた新サービス第2弾を3月5日よりイオンモール沖縄ライカムにて開始した。

“不滅”のソニー、巣ごもり需要のコロナ太りで純利益1兆円超…2021年3月期予想[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

“不滅”のソニー、巣ごもり需要のコロナ太りで純利益1兆円超…2021年3月期予想[新聞ウォッチ]

崖っぷちに追い込まれたあの悲惨などん底経営を思い知る人にとっては「隔世の感」を禁じ得ないだろう。ソニーの2021年3月期の連結純利益が、前期比86.4%増加し、過去最高の1兆850億円に達する見通しだという。

【ソニー VISION-S まとめ】CESから市販まで、道のりは見えたか…デザインや自動運転、試乗記 画像
自動車 ニューモデル

【ソニー VISION-S まとめ】CESから市販まで、道のりは見えたか…デザインや自動運転、試乗記

昨年の「CES 2020」で公表され大きな話題を集めたソニーのモビリティやセンサー技術を結集したコンセプトEVモデル『VISION-S』。LiDARセンサーを始め計33ものセンサーを活用し自動運転技術やエンタメ機能も充実している

ソニー VISION-S、レベル2+の自動運転技術を導入…CES 2021 画像
自動車 ビジネス

ソニー VISION-S、レベル2+の自動運転技術を導入…CES 2021

自動運転技術企業のAImotiveは1月12日、米国からデジタル開催中のCES 2021において、ソニーのプロトタイプEVセダン、『VISION-S』に同社の自動運転技術が搭載された、と発表した。

ソニー VISION-S が公道走行、新開発ドローンで撮影も…CES 2021 画像
自動車 ニューモデル

ソニー VISION-S が公道走行、新開発ドローンで撮影も…CES 2021

ソニーは1月11~14日にオンライン開催された「CES 2021」に出展し、PlayStation5や開発中のEV『VISION-S』のほか、バーチャルプロダクション技術などを紹介。さらに初公開した開発中のドローン「Airpeak」を使って、実際にVISION-Sを撮影している様子を披露した。

益々広がるクラウド情報ネットワークサービス「Smart Access」。ソニー「aibo」との連携開始 画像
自動車 テクノロジー

益々広がるクラウド情報ネットワークサービス「Smart Access」。ソニー「aibo」との連携開始PR

フォルシアクラリオンは11月27日、独自のクラウド情報ネットワークサービス「Smart Access」の音声機能「Intelligent VOICE」を活用した新サービスとして、ソニーが提供する自律型エンタテイメントロボット「aibo」との連携サービスを開始した。

みんなのタクシー、「S.RIDE」に社名変更…2021年1月1日より 画像
自動車 ビジネス

みんなのタクシー、「S.RIDE」に社名変更…2021年1月1日より

タクシー配車アプリ「S.RIDE」を運営するみんなのタクシーは、2021年1月1日付けで社名を「S.RIDE」(エスライド)に変更すると発表した。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 34