2021年3月のスバル(ブランド、自動車)に関するニュースまとめ一覧

メーカーとしての原点を、戦前の航空機メーカー中島飛行機に持ち、創業期に元航空技術者たちが自動車開発に携わってきたという歴史から、航空機に通じる機能性・合理性優先で、既成概念に囚われないユニークなメカニズムを特徴とする自動車を多く送り出してきた。そのスタンスは日本の自動車メーカーの中でも、特に技術至上主義の傾向が強い。中でも、自動車技術者百瀬晋六は有名な存在である。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関連インデックス
SUBARU スバル(コーポレート、企業動向) スバルWRC スバル R1 スバル R2 スバル インプレッサ スバル ヴィヴィオ スバル エクシーガ スバル ジャスティ スバル ステラ スバル デックス スバル トラヴィック スバル BRZ スバル フォレスター スバル プレオ スバル レガシィ スバル コンセプトカー トヨタ自動車 スバル XV スバル アイサイト(EyeSight) スバル サンバー スバル トレジア スバル ルクラ
スバル アウトバック に「ウィルダネス」、オフロード性能を強化…米国発表 画像
自動車 ニューモデル

スバル アウトバック に「ウィルダネス」、オフロード性能を強化…米国発表

◆専用デザインの内外装 ◆2.4リットルボクサーターボ搭載 ◆最低地上高はプラス20mmの240mmに引き上げ

スバル アウトバック 新型、自然吸気の2.5リットルボクサー搭載 4月欧州導入 画像
自動車 ニューモデル

スバル アウトバック 新型、自然吸気の2.5リットルボクサー搭載 4月欧州導入

◆部品の約90%を再設計した自然吸気の2.5リットルエンジン ◆11.6インチの縦型ディスプレイ ◆最新のアイサイト

4月の新型車発表カレンダー…スバル、レクサス、ハマー、トヨタなど[予告] 画像
自動車 ニューモデル

4月の新型車発表カレンダー…スバル、レクサス、ハマー、トヨタなど[予告]

希望と危惧の火を灯して東京オリンピックの聖火ランナーが走り始めた。春になっていろいろなことが動き出す。ムズムズする理由は花粉だけではない。4月末までの新型車の登場予定を日付順で一覧にした。“予想”ではなく、メーカーから“予告”された新型車だ。心して待て。

【スバル レヴォーグ 新型試乗】「STIスポーツEX」は間違いなくコスパ最高の1台だ…中村孝仁 画像
試乗記

【スバル レヴォーグ 新型試乗】「STIスポーツEX」は間違いなくコスパ最高の1台だ…中村孝仁

カーオブザイヤーを獲得した『レヴォーグ』を、ようやく路上に引き出すことが出来た。流石に受賞車の人気は高く、1週間借り出そうとすると今になってしまうのだ。

スバルの安全を月額定額制で提供、中古車サブスクプランを神奈川・新潟で開始 画像
自動車 ビジネス

スバルの安全を月額定額制で提供、中古車サブスクプランを神奈川・新潟で開始

SUBARU(スバル)は、運転支援システム「アイサイト」付きの中古車を月額定額制で提供する「スバル サブスクプラン」を3月26日より神奈川県と新潟県で開始した。

トヨタ×スバル、共同開発の新型車を公開「いっしょにいいクルマつくろう!」 4月5日 画像
自動車 ニューモデル

トヨタ×スバル、共同開発の新型車を公開「いっしょにいいクルマつくろう!」 4月5日

トヨタGAZOOレーシング(TGR)とSUBARU(スバル)は、「いっしょにいいクルマつくろう!トークセッション」を4月5日にオンラインにて合同開催し、共同開発の新型車両を公開する。

米スバルの「ワイルド」な新型車、アウトバック ベースと判明 3月30日発表予定 画像
自動車 ニューモデル

米スバルの「ワイルド」な新型車、アウトバック ベースと判明 3月30日発表予定

SUBARU(スバル)の米国部門のスバルオブアメリカは3月23日、3月30日にワールドプレミアする新型車について、『アウトバック』の新バージョンと発表した。

【スバル XV 新型試乗】雪深い場所でこそ絶大な信頼あり!スバルのDNAが凝縮されたXV…河西啓介 画像
試乗記

【スバル XV 新型試乗】雪深い場所でこそ絶大な信頼あり!スバルのDNAが凝縮されたXV…河西啓介

◆思い出すのはスバル・レオーネ ◆燃費より“楽しさ”重視のスバル的ハイブリッド ◆延々と続く“雪の回廊”で ◆雪道で出会う“スバル率”の高さ

米スバル、「ワイルド」な新型車を予告 3月30日発表 画像
自動車 ニューモデル

米スバル、「ワイルド」な新型車を予告 3月30日発表

SUBARU(スバル)の米国部門のスバルオブアメリカは3月16日、3月30日に新型車をワールドプレミアすると発表した。

スバル インプレッサ 次期型は22年秋登場か? 新開発1.5リットルターボ設定の可能性も 画像
自動車 ニューモデル

スバル インプレッサ 次期型は22年秋登場か? 新開発1.5リットルターボ設定の可能性も

スバルの主力モデル『インプレッサ』が、いよいよフルモデルチェンジを迎える。2022年秋のデビューに向けて開発が進められているとみられ、兄弟車『レヴォーグ』と多くを共有することになりそうだ。スクープサイト「Spyder7」が、その姿を予想する。

【スバル レヴォーグ 新型試乗】異なる個性の「GT」と「STI」、購入時には“視界チェック”を…渡辺陽一郎 画像
試乗記

【スバル レヴォーグ 新型試乗】異なる個性の「GT」と「STI」、購入時には“視界チェック”を…渡辺陽一郎

◆欧州車と同様の考え方で開発されたレヴォーグ ◆異なる個性の「GT」と「STI」 ◆購入の際には「視界」を確認すべし

「スバルらしい商品・サービス」とは? 実現する技術開発に向けて組織改正 画像
自動車 ビジネス

「スバルらしい商品・サービス」とは? 実現する技術開発に向けて組織改正

スバルは3月4日、「スバルらしい商品・サービス」を実現する技術を確立し、将来技術の開発体制を再構築するため、組織改正を実施すると発表した。

スバルの4車種、最も残存価値の高いモデルに認定…米『ケリー・ブルー・ブック』 画像
自動車 ビジネス

スバルの4車種、最も残存価値の高いモデルに認定…米『ケリー・ブルー・ブック』

SUBARU(スバル)の米国部門は3月2日、『ケリー・ブルー・ブック』の「2021年ベストリセールバリューアワード」において、スバルの4車種が最も残存価値の高いモデルに認定された、と発表した。

スバル レヴォーグ 新型、電動ブレーキブースタ不具合で1万2000台をリコール 画像
自動車 テクノロジー

スバル レヴォーグ 新型、電動ブレーキブースタ不具合で1万2000台をリコール

SUBARU(スバル)は3月5日、『レヴォーグ』の電動ブレーキブースタに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2020年11月2日から2021年2月5日に製造された1万2094台。

    Page 1 of 1