パンタグラフがない“電車”…JR東海の次期特急型HC85系、2022年度から量産へ 4枚目の写真(全11枚)
キハ85系と比較した乗り心地性能。二重床構造の採用、防振ゴムの二重化と取付位置の変更などの工夫が凝らされている。方向ごとに軸バネの硬さを変えることができる構造も採り入れ、上下動や左右動を軽減する。
《資料提供 東海旅客鉄道》キハ85系と比較した乗り心地性能。二重床構造の採用、防振ゴムの二重化と取付位置の変更などの工夫が凝らされている。方向ごとに軸バネの硬さを変えることができる構造も採り入れ、上下動や左右動を軽減する。
長押しで
自動スライド

編集部おすすめのニュース