OBDでメンテナンスや運行管理を可能にする「TPM-LTE」…オートモーティブワールド2023

ツールプラネットがオートモーティブワールド2023に参考出品した「TPM-LTE」(プロトタイプ)
  • ツールプラネットがオートモーティブワールド2023に参考出品した「TPM-LTE」(プロトタイプ)
  • ツールプラネットがオートモーティブワールド2023に参考出品した「TPM-LTE」(プロトタイプ)
  • ツールプラネットがオートモーティブワールド2023に参考出品した「TPM-LTE」(プロトタイプ)
  • 「TPM-LTE」のユースケース
  • 「TPM-LTE」をODB IIに接続することであらゆる車両デートを取得可能
  • ツールプラネットブース(オートモーティブワールド2023)

1月25日に東京ビッグサイトにて開幕したオートモーティブワールド2023ツールプラネットは、OBD IIコネクタにつないで包括的な車両運行管理を可能にする車載端末を参考出品していた。同社はOBD IIに接続するスキャンツールやDX対応のデジタルツールを多く手掛けている会社だ。

メーカーが提供するオンラインメンテナンスや車両管理サービスは、CANの情報を使って故障診断や予防メンテなどの提案をしてくれる。運送会社・交通事業者の運行管理、事業用車両のメンテナンスなどをクラウド管理するシステムやサービス自体は珍しいものではない。

しかし、その多くは後付けのGPS端末と通信モジュールを使う。あるいはスマートフォンのGPSやセンサーだけを利用するクラウドサービスもある。どちらも車載機不要や車両改造が最小限というメリットがあるが、車両の正確なメンテナンス情報や走行・操作履歴を利用するには車載ネットワークの情報が必要だ。

同社が展示していたTPM-LTEは、メーカー提供の車両管理システムとサードパーティが提供するシステムの良さを合わせたものと言える。


《中尾真二》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

編集部おすすめのニュース

特集