アバルト初のSUV『パルス』、1.3リットルターボで185馬力[詳細写真]

アバルト・パルス
  • アバルト・パルス
  • アバルト・パルス
  • アバルト・パルス
  • アバルト・パルス
  • アバルト・パルス
  • アバルト・パルス
  • アバルト・パルス
  • アバルト・パルス

アバルトは11月22日、ブランド初のSUVのアバルト『パルス』(Abarth Pulse)をブラジルで発売した。

同車は、フィアットの南米市場向け新型コンパクトSUVの『パルス』をベースに、高性能化を図ったモデルだ。アバルト・パルスには、ブラックアウトされた専用ハニカムグリル、フロントバンパーの赤いアクセント、ボディサイドのアバルトのデカール、リアのアバルトエンブレムなどが採用された。室内には、アバルトの特長的なレッドカラーを標準装備。ブラックエコレザーを使った専用シートをはじめ、アームレスト、ステアリングホイールには、シフトノブと同じステッチ加工が施されている。

パワートレインは、「T270ターボ」と呼ばれる1.3リットル直列4気筒ターボエンジンだ。ガソリンに加えて、エタノールなどのアルコールを燃料として走行できるフレックス燃料車となる。最大出力は185hp、最大トルクは27.5kgmを引き出す。エタノール使用時には、0~100km/h加速7.6秒、最高速215km/hの性能を可能にした。アバルトによると、ブラジルで最速のコンパクト SUVになるという。

《森脇稔》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集