水上オートバイ部品に植物由来の次世代素材、世界初…ヤマハ発動機が採用へ

ヤマハ発動機のマリンジェット現行型
  • ヤマハ発動機のマリンジェット現行型
  • 原材料となる木材チップのイメージ
  • セルロースナノファイバー強化樹脂

ヤマハ発動機は11月16日、植物由来のセルロースナノファイバー(CNF)強化樹脂を水上オートバイ部品へ採用すると発表した。CNF強化樹脂の輸送機器部品への実用化は世界初となる。

CNF強化樹脂は、木質資源を活用したバイオマス素材であるCNFを、ポリプロピレンなどの樹脂へ混練・分散することで製造される高強度な新素材。既存樹脂材料と比較し、25%以上の軽量化が図れることに加えて、マテリアルリサイクル性に優れるため、プラスチック使用量の削減とCO2を主とした温暖化ガス排出削減につながる。

今回、ヤマハ発動機はCNF強化樹脂の開発に関し、日本製紙と協業することで合意。水上オートバイおよびスポーツボートのエンジン部品をCNF強化樹脂を用いて開発し、2024年モデルの一部で採用する計画だ。また、将来的にはマリン製品だけでなく、二輪車などを含めた同社の幅広い製品群への展開を検討している。

《纐纈敏也@DAYS》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集