自動運転車両で高齢者の移動や生活関連サービスを支援 9月22日から町田市で

実験用車両(イメージ)
  • 実験用車両(イメージ)
  • 町田木曽住宅
  • 走行ルート
  • 乗降場所一覧
  • 実施体制

JKK東京(東京都住宅供給公社)と群馬大学は、生活関連サービスと自動運転車両の運行を組み合わせた移動支援の実証実験を9月22日から10月5日まで、町田木曽住宅地域(東京都町田市)で実施する。

郊外型の大規模団地では、商業施設やバス停までの距離が遠く、高齢者等の外出時の移動の円滑化が課題となっている。今回、主に高齢者を対象とした移動支援サービスの将来的な事業化に向けた検証を目的として、購入した日用品の配送や、外出のきっかけとなるイベントの開催などの生活関連サービスの提供と併せて、自動運転車両により移動をサポートすることで、外出を支援する。

実証実験では、アクセル・ハンドル・ブレーキの自動操作を行う自動運転レベル2により、2台のトヨタ『アルファード』を運行。車両にはドライバーが乗車し、必要に応じて手動運転を実施する。乗降場所は町田木曽住宅内の22か所に設置。予約専用ダイヤルおよび現地案内所で予約を受け付け、利用者の希望する日時・乗降場所間を走行する。

これにヤマト運輸が実施する生活関連サービスを組み合わせ、自動運転車両への乗降を支援するほか、乗客が団地内商店街で買い物した購入品を自宅まで配送。さらに、ヨガ教室、フリマアプリ教室、工作ワークショップ、子どもを対象とした集荷・配達体験等、外出のきっかけとなる各種イベントを開催する予定だ。


《纐纈敏也@DAYS》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集