暴走族人数が一転増加…124人増の5838人、グループは減少 2021年

(イメージ)
  • (イメージ)

警察庁がまとめた2021年中の「少年の補導及び保護の概況」によると、暴走族人員は5838人で、前年から124人増えた(9月16日発表)。

暴走族の人員は減少傾向が続いていたがここにきて増加した。グループ加入者は69人増えて954人、未加入者が55人増の4884人だった。グループ数は7グループ減って124グループだった。グループで組織化するのではなく、SNSなどを活用して緩やかにつながるケースが増えていると見られる。

暴走族のうち、少年は36人減って2593人となり、少年割合は44.4%と、前年から1.6ポイントダウンした。成人は153人増えて3231人だった。

また、2021年の暴走族少年の検挙人員の総数は187人で、前年から7人増加した。暴走族少年の検挙人数が増加したのは3年ぶりだが、3年連続で200人割れだった。2013年は694人だった。

犯罪の種類では傷害が67人、暴行が10人、恐喝が14人、強盗が11人など。窃盗は48人でこのうち、乗り物盗が27人。内訳は自動車盗が1人、オートバイ盗が25人。


ダーティハリー [Blu-ray]
¥973
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《レスポンス編集部》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集