ホンダ、持続可能な航空燃料の評価団体へ加入…アジア初

ホンダジェット(HondaJet Elite)
  • ホンダジェット(HondaJet Elite)

ホンダは、持続可能な航空燃料(SAF)の安全性を評価し、規格化を支援する国際団体であるFAA(米国連邦航空局)/OEM Review Panelへ2022年6月に加入した。ホンダは同団体へ加入したアジア初のメーカーとなる。

SAFは、植物や廃棄物など化石由来ではない、持続可能な原料から生成。従来のジェット燃料に対してCO2排出量を削減できることから、航空領域でのカーボンニュートラル実現に向けて重要な役割が期待されている。一方、SAFの使用にあたっては、FAA/OEM Review Panelの参加企業によって機体やエンジンへの安全性が評価され、米国材料試験協会(ASTM)の規格として制定される必要がある。

FAA/OEM Review Panelにはボーイングやエアバスなど、13の機体メーカーや航空エンジンメーカーなどで構成。ホンダは、今回の加入により、新たに開発されたSAFについて他の参加企業とともに各種試験データのレビューを通じて安全性を評価し規格化を支援することで、SAFの安全性と普及に貢献していく。

ホンダは、サステナブルな社会の実現に向けて2050年にホンダの関わる全ての製品と企業活動を通じたカーボンニュートラルを全社目標として掲げている。航空領域では、ガスタービンと電動化技術による環境に優しい新たなパワーユニットの開発に加え、化石燃料に代わるカーボンニュートラル燃料および、CO2をエネルギー資源として循環活用するCCUS技術に関する研究を行っている。今後は、独自の取り組みだけでなく、世界各国の企業や団体と連携を図りながら技術を進化させ、社会実装していくことでカーボンニュートラル実現を目指していく。



《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集